低濃度PCB処理専門サイト
\すぐに片付く/低濃度PCB処理相談室 » PCB処理に関するQ&A » 個人でのPCB処理

個人でのPCB処理

公開日: |更新日:

個人宅(住居兼店舗など)でPCBが見つかった場合

PCBを含有する機器が個人宅から見つかるケースがあります。PCBを含有する機器では、たとえばラピッドスタート式やフリッカレス式の蛍光灯器具などが挙げられます。

ただし家庭用蛍光灯器具のほとんどはグロー式のため、家庭用機器からPCB含有製品が見つかることはありません。また、1977年(昭和52年)4月以降に建築された建物においても、PCBを含有した安定器を使用していません。

しかし住居兼店舗である場合など、居宅以外の用途でも利用していた場合はPCB含有機器が見つかることがあります。

個人宅からPCB含有機器が見つかった場合、処分の責任は「所有者」にあります。そのため、運搬や処分にかかる費用は所有者が負担しなければなりません。

情報参照元:愛知県「PCB含有機器の保有に関する調査に関する質問」

処理費用について

個人宅からPCB含有機器が見つかった場合、所有者が処分費用を負担することになります。
しかし、PCB廃棄物の処分にかかる費用は高額です。JESCOではPCB廃棄物の処理料金を全国一律で設定していますが、以下の計算式にもとづいて算出しているため、10kg以上~15kg以下では442,000円と多くの処分費用がかかります。

そのため、個人や中小企業が費用全てを負担するとなると現実的には難しいでしょう。

そこでJESCOでは、中小企業や個人を対象とした料金軽減制度を設けています。また、一定条件を満たす中小企業や個人の場合は助成制度の利用も可能。中小企業は処分費用の70%、個人は95%を助成してもらえます。詳細はJESCO中小軽減担当まで問い合わせましょう。

情報参照元:愛知県「PCB含有機器の保有に関する調査に関する質問」

情報参照元:JESCO「PCB廃棄物の処理料金」

個人保管の場合の中小企業割引適用

以下の条件に当てはまる場合は個人でも中小企業割引を受けられる可能性があります。

以上の場合は中小企業割引を受けられる可能性があるため、申込を行いましょう。申込には申込書のほか条件に当てはまる旨を証明する書類を添付することが必要。審査に通れば95%の軽減が受けられます。なお、個人事業主の場合は70%の軽減となるため注意しましょう。

また、中小企業等の早期登録・調整協力割引・負担軽減措置の計算方法は以下のようになっています。(会社の例)

また、令和2年10月1日以降に中小企業者等軽減制度に申込を行い軽減対象となった方は、処理費用の他に収集運搬費用等の一部を軽減してもらえます。対象となるのは収集運搬費用と漏えい防止措置費用です。

情報引用元:JESCOPCB廃棄物処理事業 よくあるご質問」

低濃度PCB処理が可能な
処理業者を探す

調査対象が集合住宅だとどうなる?

マンションやアパートなどの集合住宅では、廊下などの共有部分にPCB含有機器が使われていることがあります。そのため、PCB含有機器の保有に関する調査対象となる場合があるようです。その場合は個人で対応せず、建物の管理人やオーナーに対応してもらいましょう。

情報参照元:愛知県「PCB含有機器の保有に関する調査に関する質問」

誤ってPCBに触れそうな場合

PCBが人体に付着すると大変危険です。しかし国や県といった行政では「責任は負いかねる」としており、PCB調査などで健康被害等を被っても自己責任ということになります。
簡易のラベル調査程度であれば危険は少ないとされていますが、以下の場合は、電気工事士や電気主任技術者の資格を有する電気工事業者等に相談する必要があります。

情報参照元:愛知県「PCB含有機器の保有に関する調査に関する質問」

情報参照元:JESCO「PCB廃棄物の処理料金」

PCB処理の調査詐欺に注意

PCB特措法によって処分期間が定められているPCB。近年では調査委託機関をかたった詐欺が発生しています。「PCBを含有する照明器具や電気設備を調査するので作業費用が発生する」「調査に協力しない場合は罰則を受けることになる」などと迫るケースが多いようです。

県では保有状況の調査を実施していますが、その場合作業費用が発生したり、罰則を受けることになるなどと語ることはありません。また、県職員が訪問する場合は必ず身分証を携帯しているため確認しましょう。 なお、所有者自らが電気工事業者等に保有調査などを依頼した場合は、別途費用がかかります。「調査依頼をしていないのに訪問され、作業費用を請求された」「断れば罰則を受けると言われた」などの場合は詐欺の可能性が高いため注意しましょう。

低濃度PCB処理施設の
ビッグスリー

なんとなく近隣の産廃業者を選びがちですが、期限や予算組みを考えると、短期間で確実に処理を完了させられる可能性の高い事業者への依頼がおすすめです。
その指標として、処理能力の高い業者(グループ単位)上位3社(※1)をピックアップしました。低濃度PCB処理における「ビッグスリー企業」への依頼を視野に入れ、スムーズにPCBの廃棄を完了させてしまいましょう。

一氣通貫でおまかせ
オオノ開發
オオノ開發の処理施設

引⽤元:オオノ開發 https://www.ohno-as.jp/frep/

  • 広大な処理場でスピーディな処理が可能
  • プランナーが分析から処理まで一貫提案
収集運搬対応地域

全国
※日本各地に支店あり
(東京、大阪、福岡、愛媛)

処理能力ピカイチ(※2)
クレハ環境
クレハ環境のPCB無害化処理施設・設備

引⽤元:クレハ環境 https://www.kurekan.co.jp/treatment/iwaki.html

  • 濃度10%までのPCB汚染物を処理できる
  • 環境保護に対応した独自技術
収集運搬対応地域

北海道、東北、関東、東海

産廃の大手
エコシステム
エコシステム秋田のPCB無害化処理施設・設備

引⽤元:エコシステム秋田 https://www.dowa-eco.co.jp/EAK/pub

  • 廃棄物処理業大手
  • 秋田から岡山まで全国5か所にPCB処理施設を持つ
収集運搬対応地域

公式サイトに記載無し

※1 2021年3月時点、当サイト調べによる。PCB廃油・処理物の1日あたり処理量が最も多い企業およびグループ
※2 2021年3月時点、当サイト調べによる。処理場ひと施設あたりのPCB廃油・処理物の1日あたり処理能力が最も高い